これからの”人手”について。

こんにちは。

ママと暮らしのデザイン社の高田です。

人手

9月のイオンイベントに向けて、

着々と準備が進んでいます。

とはいえ、4人では

マンパワーがやっぱり足りない。

同時にみんな、母親をやっているわけで、

わりと子どもをほったらかしの

私からすると、

本当に、みんなすごい……(遠い目)

日々メンバーに新鮮な刺激を

もらっています。

仕事風景


反響が!

さて、このイベント準備をしていて、

やっぱり驚くのは

企業様からの反響がとんでもなく大きい!

ということです。


人手不足を解消したい、
それによって事業を安定軌道に乗せたい。


きっと、多くの企業様が

感じていらっしゃること。

ものづくり企業が密集する

東予ならではの

悩み・想いだったりする

のかもしれません。



キーワードは 楽しい!


私たちはあまり堅苦しくなく、

子育て世代がもっと、

自分らしく働ける地域であってほしい

と思っています。

だって、そのほうが楽しいですよね(笑)


でもこう書いてしまうと、

”甘い”とか”そんなうまい話があるわけない”

とか思われてしまうのも、

今はまだ仕方のないことです。


けれど今後、人工知能の研究がすすみ、

今の職業の半分がなくなると

いわれている時代に、


”楽しい”
が働く条件にならなくて、
どうする?


という思いもあります。


自分がやってみたいこと、

自分らしく能力を発揮することでしか、

もう働くことは、

捉えづらくなっているのかも。


今回、このイベントの

準備をしていて感じるのは、

ゆっくりじっくり、そうした時代へと
立ち向かおうとする企業様の勢いです。
(はっきりいって、想像以上です)


働き方は、多様であっていい。

企業もママも、

”働く”や”人手”について新しく定義しなおす、

そんな時代に、もう来ているのかも

しれませんね。


やれることは、まだまだたくさん、

ありそうです。



余談

余談ですが、最近読んだコラムで

印象に残ったものをひとつ。

AIが人の心をゆさぶる。

そんな時代も、

もう遠くないのかもしれません。


「AI時代のコピーライターは、どうなる?」↓

(私の大先輩、いや先輩

というのもおこがましい

元博報堂コピーライター、

文筆家の黒澤晃氏によるコラムです)

ママと暮らしのデザイン社 運営


新居浜市男女共同参画課委託事業

第2回 つながるフェスタ2017

2017.9.9 10 土日 二日間

会場 イオンモール新居浜 

詳細は 間も無くリリース!
ぜひ応援 お願いいたします

取材 お問い合わせ
ママと暮らしのデザイン社
愛媛県新居浜市
mom_ldesign@yahoo.co.jp


ママと暮らしのデザイン社 momldesign's

愛媛県新居浜市を拠点として活動する市民団体 東予エリアで子育てをする、30~40代のママたちがメンバー。主婦、キャリアコンサルタント、フリーライターパート勤務とジャンルは多彩。 自分たちが本当に欲しいもの 必要なこと。 ~ママと地域をつなぐ~ をコンセプトに 地域デザイン、イベント企画運営プロデュースを行っています

0コメント

  • 1000 / 1000